新着情報

2016年08月31日  税理士法人となりました。

平成28年8月2日より鎌田義隆税理士事務所は、かまた税理士法人となりました。 皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2014年06月04日  地震保険料の大幅値上げ

平成26年7月から地震保険料が大幅に値上がりするとの事です。何やら、東京都の場合、木造関係建物の場合で4%、鉄筋・鉄骨コンクリートなどでは、なんと20%もの値上げになるとの事。これは、人によっては、26年6月中に検討した方がよいかもしれません。

2014年05月02日  給与等支給拡大税制について

平成26年3月期決算の申告より、いよいよ給与等支給拡大税制の適用始まります。これは、雇用促進税制との選択適用で、基準期間の国内雇用者への給与額等より5%以上給与等が増加した場合等一定の場合に、その増加額の10%を税額控除{法人税額の10%(中小企業等は20%)を限度}できる制度です。

2014年03月06日  ゴルフ会員権の損益通算が無くなります。

平成26年4月以降のゴルフ会員権の売却損は損益通算できなくなります。お持ちの方で、売却損の通算を検討されている方は、3月末までに売却してしまいましょう。

2014年02月04日  「国外財産調書制度」の創設について

平成24年度の税制改正におきまして、国外財産を保有する方がその保有する国外財産について申告する仕組み(以下「国外財産調書制度」と言います。)が創設されました。

1.国外財産調書を提出しなければならない方

 居住者(「非永住者」の方を除きます。)の方で、平成25年以降、その年の1231日において、その価額の合計額が5千万円を超える国外財産を有する方、その財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載した国外財産調書を、その年の翌年の315日までに提出しなければならないこととされました。

2.国外財産調書制度に関するその他の措置

国外財産調書制度においては、適正な提出をして頂くために次のような措置が設けられています。

(1)国外財産調書の提出がある場合の過少申告加算税等の優遇措置(平成26年1月1日以後提出すべきもの)

 国外財産調書を提出期限内に提出した場合には、国外財産調書に記載がある国外財産に関して所得税・相続税の申告漏れが生じた時であっても、過少申告加算税等が5%減額されます。

(2)国外財産調書の提出がない場合等の過少申告加算税等の加重措置(平成26年1月1日以後提出すべきもの)

 国外財産調書の提出が提出期限内にない場合又は提出期限内に提出された国外財産調書に記載すべき国外財産がない場合(記載が不十分と認められる場合を含みます。)にその国外財産に関して所得税の申告漏れ(死亡した者に係るものを除きます。)が生じた時は、過少申告加算税等が5%加重されます。

(3)故意の国外財産調書の不提出等に対する罰則(平成27年1月1日以後提出すべきもの)

 国外財産調書に誤りの記載をした場合又は国外財産調書を正当な理由がなく提出期限内に提出しなかった場合には、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。但し、期限内に提出しなかった場合には、情状により、その刑を免除することができるとされています。

 

2014年01月10日  2014年度税制改正大綱より企業の交際費課税について

2014年4月から2年間の予定で資本金1億円超の大企業を対象に飲食費の50%までを税法上の費用(損金)として認める。このことにより、大企業の飲食費予算が拡大し、消費税率を3%アップすることの消費の減速を抑える効果が期待される。

2014年01月09日  2014年鎌田義隆税理士事務所のホームページがリニューアルしました。

問い合わせ

ご相談は無料です

03-5298-6271

お問合せ・無料相談はこちら

当社ご案内

かまた税理士法人

〒101-0047
東京都千代田区内神田2-2-6
田中ビル2F

> 会社案内詳細